NECESSARY INFORMATION

ついに明後日大阪で開催!! 2社合同海外不動産セミナー

本日はついに明後日に迫った2社合同セミナーについてお伝えできればと思います。

4月1日セミナーはコチラ

 

セミナー企業

Rising Asia Co.,Ltd.

Rising Asia Co.,Ltd.

ライジングアジアはタイの日系デベロッパーで日本でも実績も十分にある会社で詳細はこちらホームページからご覧下さい。

ライジングアジアホームページ

 

講師紹介

川島 隆広 氏

そんなライジングアジアからは海外不動産アドバイザーの川島 氏にお越し頂きます。

街と不動産の関係、不動産投資の仕組みと手法の講義を得意とされていてマレーシア駐在経験もあるそうです!!

そんなバックボーンから東南アジアの不動産事情に精通されており、

現在では日本とタイを行き来しながら各地でセミナー講師をされています。

 

 

 

こんな事をお話頂く予定です。

海外不動産投資って最近よく聞くけど実際どうなの?

日本と違って海外になりますと、自分の身を守るのは自分で

「自己責任」という意味合いが強くなります。

日本ではとてもじゃないけど考えられないルールが沢山あります。

例えば

・建設が始まらない

・入居者の管理はだれがするの?

・購入代金を持ち逃げされる

・家賃の暴落が直ぐ起こりそう

などなど、何も知らない方が当たり前のように思う疑問だと思います。

弊社では何故この様な事が起こってしまうのかをご説明します。

具体的な解決方法まできっちりとご案内。

知らなかったが一番のリスクです。

しっかりとした情報、正しい知識を持つことが投資で最も大切な事です。

海外不動産を検討されている方にとって有意義なお時間を保障いたします。

 

 

合同会社Red Beans

合同会社Red Beans

東南アジアを中心とした不動産物件の紹介を行っており、

その中でもカンボジアについては全スタッフが駐在経験者で、

現地のリアルな情報を通して厳選した収益物件をお客様にご提案致します。

会社概要はコチラから

 

講師紹介

砂原 雄一 氏

弊社からは代表の砂原が登壇致します。

 

カンボジア駐在経験があり、ベトナムやカンボジアなど東南アジアの情報に精通しております。

現地視察ツアーも催行しており常に最新の情報を仕入れており、

これから海外不動産をお考えの方には必ず為になるお話ができると思います。

 

こんな事をお話頂きます。

★ベトナムの不動産市場と、注目物件のご紹介

・2015年7月に外国人の所有が解禁されたベトナム不動産

・GDP成長率6%台後半の高い成長率を誇るベトナム経済の現状

・2045年まで人口ボーナス期が続く人口約9,200万人市場の魅力

・ベトナム最大の商業都市ホーチミンで盛り上がる不動産市況

・現地ではどの物件も売れているが、日本人が買うならこの物件!

★カンボジアで需要はあるのにまだ供給が無い開発エリアの物件をご紹介

・米ドルが流通通貨、定期預金は7%!

・プノンペンエリア他社物件との価格比較

・開発、施工、管理から賃貸・売買まで日系企業である安心

◎自社グループによる特別プラン

・万が一のリスク回避に、賃料保障のご案内

・ご紹介物件限定!特別ファイナンスのご紹介!

金利は1.85%~3.85%、他ではご紹介していません!

▼▼▼

追加担保無しの5~10年分割!政策金融公庫がダメだった方も諦めないでください!

ファイナンスを上手く使った投資戦略もご提案致します。

セミナーお申込みはコチラ

 

海外不動産セミナーは関西では少ない!?

海外不動産セミナーは関東では盛んに行われているのに、

関西では非常に少ないのをご存知でしょうか。

この日も日曜ですが関西では2件しか海外不動産セミナーはヒットしません。

東京だとなんと17件も。その差は約9倍。

それだけ関西のセミナーが貴重だという事が分かります。

なのでこの時を逃さずに是非足をお運び頂けたら幸いです。

セミナーサイト:楽待

 

次回海外不動産セミナ―

4月1日(日)大阪!!

セミナー一覧

関連記事一覧

  1. 中和板南路プロジェクト

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP