NECESSARY INFORMATION

東南アジア土地は買える?建物だけ?GDPもまとめました

国よって様々なルールがありますよね。

ベトナムでは2015年に解禁され外国人でも実質不動産を購入できるようになりましたし、

ミャンマーは解禁に向けて動いていますし、今東南アジアは外国人に対しての規制の動きが激しいです。

なので今回は各国の土地はかえるのか?建物だけなのか?

をまとめましたので保存ものです!!

土地が購入できるのはマレーシアだけ

下の画像をご覧頂けたらわかる通り、土地の購入はマレーシアのみ可能となっています。

そしてインドネシア、ラオスは土地も建物も手が出せません。

 

ただマレーシアには最低購入金額が決まっており100万リンギット(2700万円)~

なので厳しいとみられがちですが、

経済特区内だと100万リンギット(2700万円)以下で買えるものもあり

積極的な外資企業の誘致に努めているのがわかります。

 

注目はカンボジアの米ドル

このなかでも米ドルが使用できるのはカンボジアのみなのです。

そして米ドル口座も作れてしまい、日本では考えられない金利が付きます。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

 

詳細はお問合せ下さい

細かい法律があるので、気になる方は弊社が開催している海外不動産セミナーに

お越し頂くかこちらからお問合せ下さいませ。

お問合せ

 

弊社不動産セミナー一覧はコチラ!!

現地の詳しい情報やその他の物件についてお話します。
関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

5月16日(水)福岡

5月26日(土)大阪

5月27日(日)名古屋

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP