NECESSARY INFORMATION

【最新情報】カンボジアで口座開設が出来なくなる!?噂の米ドル口座

今回はカンボジアの口座情報についてですが、

現地銀行マンに聞いた話なので確実ではありません。

『噂話』『そんな流れなんだ』程度に見て下さい。あらかじめご了承下さい。

 

カンボジアの口座のメリットは以前からお伝えしていた通り、

日本では考えられない金利がつき、定期預金では5%を超える数字がでます。

そしてもう一つ大事なのが、『米ドル』でそれだけの金利が付くという事。

 

現地通貨なら、ベトナムなど周辺国でもこれぐらいの金利はつきますが、『米ドル』でここまでの金利が付くのは

東南アジアを見渡してもカンボジアだけです。

以上のざっくりとしたメリットをお伝えするだけでも、『カンボジアで口座開設したい!』となりますが

本日はその口座開設が出来なくなるかもという情報です。

 

そもそも外国での口座開設は容易ではない

口座開設が厳しくなる話の前に、そもそも外国人が海外で口座を開設するのは、

住所を証明する書類など様々な書類を用意しなければなりません。

パスポートだけで、それも超高金利のドル口座が作れる国は中々ないということを理解して下さい。

しかもこんな簡単に作れるのは、『日本人』だけで、いかに日本のパスポートが【信用があるか】かがわかりますね。

中国や北朝鮮の方は違った審査や、書類が必要になってくるので要注意です。

気になる方はご相談下さい。

お問合せ

 

現地でも情報はあった

前々からカンボジアでは、外国人が口座を開設するのは厳しくなるのではないか。

という声があり、実際に雇用証明書が必要になりましたね。

今回もその流れと銀行で働かれている方が仰っており規制が強まるのは確実だろう。

といったお話でした。なのでこれから口座開設を考えている方は出来るだけ早めに開設することをオススメします。

 

カンボジアの口座のデメリット

ここまでメリットしかお伝えしなかったのですが、カンボジアの口座にもデメリットはあります。

下記の3つがおおまかなところですが、ネットバンキングについてはアクレダ銀行やカナディア銀行が既に始めています。

ペイオフ制度は日本だと1千万円の保証が付きますが、カンボジアは全く保証がありません。

もし銀行が破綻すれば、その場で資金はなくなりますので、

いかに破綻リスクが少ない銀行を選択するかが重要になります。

定期預金で長い間お金を預けるのですからできる限りリスクは減らしたいですよね。

オススメの銀行などの情報はお問合せからご連絡下さい。

そして日本人デスクも用意されている銀行もあり、親切に教えてくれる所もあります。

どこがどうゆう特徴など詳細はお問合せからどうぞ。

お問合せ

 

3つのデメリット

・ネットバンキング出来る銀行が少ない、またネットバンキングを利用するには現地開設が必要

・銀行によるが基本的に1~3年間口座に動きが無いと凍結される恐れがある

・銀行が破綻した時のペイオフ制度がない(保証ゼロ)
→ただ限りなく破綻する確率が低い銀行は存在する。

 

口座開設はお早めに

上記でお伝えした通り、口座開設の規制強化はほぼ確実とみてよいでしょう。

それがいつなのかはまだわかりませんが、早く行動を起こすことにこしたことはありません。

カンボジアの口座だけでなく、不動産のお問合せも受け付けております。

お気軽にお問合せ下さい。

個別相談も受け付けています!!

お問合せ

 

弊社不動産セミナー一覧はコチラ!!

現地の詳しい情報や物件についてお話します。
関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP