NECESSARY INFORMATION

マレーシア・クアラルンプールの一等地で販売 リッツカールトンレジデンス

今回はクアラルンプール中心地であの『リッツカールトン』のサービスが受けれるレジデンス

『ザ・リッツカールトンレジデンス』をご紹介します。

ホテルではなくレジデンスはシンガポール、タイ、マレーシアの3つのみしかないので非常に珍しく、購入者には世界一のサービスが受けられます。

 

クアラルンプールの概要

人口 1,627,172人
面積 243.65㎢
GDP(1人当たり) 10万1420リンギット(260万円)
通貨 リンギット
言語 マレー語

 

物件写真

 

物件詳細

名称 THE RITZ-CARLTON REJIDENCES,KUALA LUMPUR,JALAN SULTAN,ISMAIL
所在地 Laman Sentral Berjaya No.15, Jalan Ampang 50450 Kuala Lumpur
交通 Bukit Nanas駅 徒歩1分
敷地面積 約10,958.88㎡
総戸数 288戸
間取り 1LDK~4LDK

 

物件ポイント

リッツカールトンレジデンスがある地域はクアラルンプールでも中心地にあたり、

有名なブキビンタンエリアにも電車で10分と好立地です。

 

また、1番のポイントはやはり『リッツカールトン』というブランドではないでしょうか。

ホテルではなくレジデンスでリッツカールトンのサービスを受けられる物件は東南アジアでシンガポール、タイしかありません。

 

驚きの共用施設の豊富さ

・キッチン付きクラブラウンジ

・インフィニティプール

・トレーニングスタジオ付きジム

・オープンテラス・ガーデン

・プライベートスパ

・テニスコート

・ファンクションルーム

・キッズスタジオ

・BBQスペース…etc

 

様々なサービス

コンシェルジュサービス

・航空券、タクシー、レストラン、

ゴルフ等、基本的なコンシェルジュサービス

 

アラカルトサービス

工事サービス(家具など部屋の基本的な工事全て)

ハウスキーピング

運転手

クリーニング、買い物…etc

 

価格は約7500万円から

これまで紹介してきた物件とは価格帯は変わりますが、

世界有数のブランドを手に入れ、最高のサービスを味わえる金額です。

これからのキャピタルゲインも併せて期待できる物件であります。

マレーシアは2020年に先進国入りという目標を掲げているぐらい現在経済成長している国で、豊富な資源でその経済を支えています。

外国企業の誘致も積極的でさらなる発展が望めます。

大きな金額なので、気になる方は他の記事も参考にして頂ければ幸いです。

 

詳しい間取り、価格はお問合わせからご連絡下さいませ。
お問合せ

弊社不動産セミナー一覧はコチラ!!

現地の詳しい情報や物件についてお話します。
関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP