NECESSARY INFORMATION

三井不動産が上海で駅ビル開発!?

7月三井不動産から発表がありました上海での駅ビル開発。

開業は2020年を予定しているそうで名前は(仮称)『上海蓮花路(レンファールー)』

 

上海初の地下鉄再開発事業

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)は、上海市閔行(ミンハン)区において、上海地下鉄1号線蓮花路(レンファールー)駅に直結する「(仮称)上海蓮花路駅ビル商業施設」の事業化を決定しました。施設の開業は2020年を予定しています。

上海の地下鉄を保有・運営している上海申通地鉄集団(上海メトロ)との共同事業で、

上海メトロの子会社が既存駅舎を解体して再開発します。

 

抜群の立地

本事業地が所在する閔行区は、上海市南西部に位置し、市中心部にも近く、上海市の浦西(プーシー)エリアで最大の人口を有する行政区です。本事業地の蓮花路駅は、1日あたりの乗降客数が約11万人であり、単独駅としては、上海メトロ全線中第3位の乗降客数を誇る駅です。また、駅前に併設するバスターミナルからは32路線のバスが運行する交通利便性の高い立地です。

開発テーマは『My favorite THIRD PLACE』で家とパブリックの中間を意味しているそうで、

施設内は飲食店舗は勿論提案力・情報発信力のある小型店舗を導入する予定だ。

日系テナントも積極的に誘致するそうなので完成が楽しみですね!!

出典;http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2018/0712_02/

お問合せ

 

弊社不動産セミナー一覧はコチラ!!

現地の詳しい情報や物件についてお話します。
関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

 

 

 

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP