NECESSARY INFORMATION

2019年狙い目の海外不動産はどこだ!?

明けましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願いします。

2019年最初の記事は今年不動産価格の上昇が見込めるヨーロッパの3都市をご紹介!

フランス パリ

スペイン マドリード

ドイツ ベルリン

この3都市の不動産価格は何と2019年5%〜10%上昇すると言われています。

安定している治安、生活環境や経済の成長そして不動産価格上昇に対応策がいまだに制定されていないことが考えられます。

他の都市では外国人の不動産購入に対し新たな税金の導入や引き上げなど様々な規制がかかり購入が困難であることもよくあり、(バンクーバーでは外国人バイヤーへの課税を15%から20%まで引き上げています。)

この3都市は世界から注目されています。

そして世界の不動産市場で主導権を握っている中国人投資家の海外投資額は2018年前半で37%(約1兆1000億円)も減少しており、

今年は引き続き中国が主導権を握るのか、はたまたシンガポールや韓国など違った国が伸びてくるのか楽しみですね。

カンボジアなど東南アジアは2019年も健在

東南アジアの不動産状況はいまだ好調で2019年も成長が見込まれている。

レッドビーンズでは新たな物件も追加しているので、もしご興味のある方は是非チェックして下さい。

海外不動産一覧

現地の詳しい情報や物件についてお話します。
関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP