NECESSARY INFORMATION

ニューヨークの不動産に陰り?

ニューヨークの不動産は供給過多?

2019年ニューヨークに新しくオープンする住宅は2万件を超える勢いと言われており、

2018年にオープンした件数と変わりなく供給される予定。

 

ただ2017年の25000件というピークからは下降の兆しを見せており、

明らかな供給過多の状態が見受けられる。

 

それでも2012年から2015年の平均14000件からは確実に増加していると言える。

 

新しくできる物件はブルックリンに集中しており、その数はなんと13272件が予定されている。

次いでマンハッタン(6342件)、クイーンズ(6302件)、ブロンクス(2471件)と続く。

 

今年以降のニューヨーク不動産市場は下降の一途を辿るのか、

はたまた何かの要因で盛り返しを見せるのか、

来年以降どうなるのか注目したいところですね。

 

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP