NECESSARY INFORMATION

ミャンマー・ヤンゴンにエコスマート住宅が誕生!!

昨今、世界的に環境問題が大きく話題となっており

住宅メーカーはそんな環境にやさしい家作りとしてエコスマート物件が流行りつつあります。

 

新興国もその基準にあわせた住宅が続々と誕生しており、

今回ミャンマー・ヤンゴン東部タケタ郡にエコスマート住宅が誕生しました。

 

エコスマート住宅とは

スマートハウスとは、IT(情報技術)を使って

家庭内のエネルギー消費が最適に制御された住宅。

具体的には、太陽光発電システムや蓄電池などの

エネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、

エネルギーマネジメントを行うことで、

CO2排出の削減を実現する省エネ住宅のことを指します。

省エネ・創エネ設備を備えた住宅がエコ住宅であるのに対し、

エネルギーマネジメントシステムで最適化されたエコ住宅が

スマートハウス(=賢い住宅)と言えそうです。

 

エメラルドベイ・プロジェクト

今回のプロジェクト名です。

ヤンゴンのバゴー川とパズンダウン川が合流する74万㎡のエリアに、

6,000件を超えるアパートメントが建設される予定。

国際基準にも適合したエコスマート住宅で3月17日には

ショールームがオープンし賑わっているそうです。

 

充実した設備

  • 指紋認証ロックシステム
  • 最先端郵便システム
  • セキュリティ完備ゲート
  • クラウドベースの監視システムやインターコム
  • 顔認証システム
  • 電気センサー付きの壁
  • 24時間体制の監視システム

さらに総面積3万㎡を超える巨大なショッピングモールも予定されており、

ミャンマー小売り最大手の「シティマート」や「JCGV(映画館)」なども出店予定。

 

また1000ドルの前払いでディスカウントも受けられるそう。

ミャンマーヤンゴンの動向はこれから注目していきたいところです。

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP