NECESSARY INFORMATION

インドネシアで初の地下鉄の運行が開始

ジャカルタ都市高速鉄道(MRT)の運行が開始

3月末に運行が開始され、この先周辺不動産価格の上昇が期待されていますが、

現在の所影響はまだ表れていないそうです。

 

専門家によると今年3~4%の上昇が見込めるそうで、

2020年~2021年にかけて5~6%上昇すると予想されています。

ただし、このMRTプロジェクトの影響がでる不動産の課税額を30%引き上げる計画で、

対象となるのはジャカルタ中心部Jendral Sudirman通り沿いのエリアで、

1㎡当たりの課税額が現在の7,500万ルピア(約59万円)から

9,750万ルピア(約77万円)に引き上げられるそうです。

 

また、住宅以外でもオフィスの供給が増加しており

【コワーキング・スペース】が急成長しているそう。

 

政府は公共交通機関の開発を進める方針

参照:http://open_jicareport.jica.go.jp/pdf/12078986_01.pdf

電車以外でもジャカルタ政府は公共交通機関の開発を進めており、

このマップはバス路線図ですが2020年にはさらに増加していく模様。

この先のジャカルタはどんどん交通網が発達して、不動産価格も上昇が見込めるので

投資先にはよいかもしれません。

 

海外不動産一覧

現地の詳しい情報や物件についてお話します。
関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

 

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP