NECESSARY INFORMATION

シンガポール不動産 国内での販売が好調に転じる

昨年から始まっている不動産相場の上昇を抑える政策が結果を出してきおり、

外国人はその税金の高さから手が出せない状況となっています。

昨年から不動産購入時の印紙税5%上昇

以前は不動産を取得する際の印紙税は16〜19%だったのに対し、

昨年から21%〜25%に引き上げられており非常に高い税金が設定されています。

それに加え土地、戸建、公営住宅(HDB)は外国人は購入できずコンドミニアムのみとなります。

 

外国人の参入が少なくなり国内での販売が好調に

上記税金の引き上げ政策により海外のバイヤーの購入が少なくなると共に

国内での購入が伸びています。

シンガポールにおける住宅販売の79%が国内バイヤーが占めており、

ここ10年間で最も高くなっています。

高級住宅に置いても国内のバイヤーが69%を占めなんと前年比36%も上昇しています。

 

そして1㎡たり2,750ドル(約30万円)を超える超高級住宅の売上は、

過去10年間で最高額に達しています。

この数字はただ外国人を規制したからではなくシンガポールの成長にも

紐づいていると言えるのではないでしょうか。

この国内の不動産購買意欲の上昇はどこまで伸びるのか不動産価格に注目です。

 

海外不動産一覧

現地の詳しい情報や物件についてお話します。
関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

 

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP