NECESSARY INFORMATION

カンボジア・シアヌークビルで巨大リゾートが誕生!?

中国系企業プリンスリアルエステートグループ

プリンスグループとは不動産開発を主に行い、カンボジアでは複数のプロジェクトがあり

首都プノンペンにも高層ビル開発も行っています。

また、グループ全体でカンボジアに1200万㎡超の土地を所有しており、
2000万平方メートル超の開発計画と20億ドル超の投資資本を所有しているという。

そんなプリンスグループがこの度カンボジアの南に位置する都市

シアヌークビルで巨大リゾート施設開発に着工したことをクメールタイムズが報じました。

 

プリンスティエンシーワン

今回のリゾート施設の名前であり、その中には5つ星ホテル、サービスアパートメント、

映画館、シアヌークビル最大級の免税店やショッピングモールなどがビーチに隣接し、2023年3月に完成予定である。

今、中国人の流入が激しいシアヌークビルでこのようなリゾート施設が完成すればさらに

中国人のお金が集まり人口も増加することが予想されます。

数年前とはガラリと姿を変え、今やカジノが乱立し、ビーチは中国レストランが並び

リゾート化が進むシアヌークビルに賛否両論が起こっていますが、この勢いは止まらず

さらに勢いを増して行くのではと感じます。

 

今後も開発ラッシュ

プリンスグループは今後もカンボジアでの不動産開発を予定しており、

プリンスシティセンター、プリンスITビル、プリンスシーショアなどまだまだ開発を予定しているという。

まだまだ世界中からカンボジアに投資マネーが流入し、開発が進みそうだ。

 

現地の詳しい情報や物件についてお話します。
関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

 

関連記事一覧

  1. 中和板南路プロジェクト

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP