NECESSARY INFORMATION

マレーシアでスマートシティ開発の動き

マレーシア・ジョホール州

[イスカンダル計画]といったジョホール州開発で、

マレーシア政府はデータを活用した街づくりを目指している。

 

5Gを利用した街づくり

いわゆるスマートシティを目指しており、

5Gを利用した大容量のデータ通信が公共交通網など様々な部分で活用される。

 

公共交通網については、「イスカンダル地域開発庁(IRDA:Iskandar Regional Development Authority)」が、

バス高速輸送システム(BRT)の開発を計画しており、ルート計画や遅延のない運行実現のためデータを活用していくという。

スマートシティとは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の先端技術を用いて、基礎インフラと生活インフラ・サービスを効率的に管理・運営し、環境に配慮しながら、人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を目的とした新しい都市のことだ。 このスマートシティは、世界中でプロジェクトが進められている
引用:https://iotnews.jp/archives/1218#targetText=%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81IoT,%E3%81%8C%E9%80%B2%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82

渋滞を緩和させる為のスマート信号(これまでの渋滞データから一番効率の良い信号の切り替えを可能にする)の導入なども視野に入れている。

不動産部門においては、「イスカンダル・マレーシア・都市観測所(IMUO)」が、
東南アジアのオンライン不動産ポータル事業を展開する「iProperty」と提携し求められている住宅タイプやコスト、ロケーション等についての動向を把握し、需要と供給を一致させることを目指す。

 

世界中で広まる5G

既にアメリカと中国で試験的に開始されており、

スマートフォンも5Gに対応するモデルが続々と発売予定で

これから世界に浸透していくのは確実ともいえる。

今後スマートシティ、公共の安全、医療、農業、教育、メディア、運輸等様々な面で5Gの実現が期待される中

不動産市場がどうなっていくのかは楽しみなところである。

 

現地の詳しい情報や物件についてお話します。
関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

 

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP