NECESSARY INFORMATION

国際通貨基金(IMF)がカンボジア不動産税の増税を提言!?

9月に国際通貨基金(IMF)がレポートを発表

【カンボジアの包括的成長の前進に向けて】と題するレポートを発表しました。

下記引用です。

レポートでは、カンボジアがこれまで貧困率を削減し、消費の不平等も減少させてきたことを評価しています。しかし、引き続き所得格差が大きいこと、特に都市部と地方部での格差の拡大が課題であるとして指摘しています。この格差解消のためには、地方部が資するインフラの拡充と、累進性の高い税制による所得再配分が必要と指摘しています。

インフラ拡充に必要な財源を確保するのに、3種類の税(付加価値税、固定資産税、個人所得税)のうちどれを増税することが最も効果的なのか、一般均衡モデルを使ってGDP(国内総生産)成長率とジニ係数(所得や資産の格差を示す指標)への影響をシミュレーションしています。結論としては、固定資産税を増税することが、GDP成長率も維持しつつジニ係数も改善する効果が最も高いとしています。

まとめますとこれまで所得格差を埋めてきたが、まだまだ都市部と地方で

所得格差が起きているので累進性の高い不動産税の見直しと地方のインフラの拡充が必要と書いてます。

 

不動産で多大な所得を得ている富裕層や海外投資家からの税金を増税し、地方に配分するという国際通貨基金(IMF)の提言は、

良いか悪いかは置いといて、投資家にとっては単純に非常に大きな足枷となるのではないでしょうか。

 

現在、カンボジアの固定資産税(不動産税)率は評価額の0.1%と非常に限定的で

不動産投資するにあたり他国と比べた時のメリットだっただけに

この税率を上げてしまうとどうなるかこの先、特に注目となってきます。
引用;https://kabushiki.jp/news/323434

 

現地の詳しい情報や物件についてお話します。
関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

 

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP