NECESSARY INFORMATION

プノンペン新空港は順調に建設が進む

プノンペンに新国際空港建設

カンボジアの首都プノンペンの中心部から約30キロメートル南部に新国際空港が建設されており、

現在の空港の運営権は2040年までらしくそれに変わるような空港を建設している。

完成は早くても2023年初旬で建設に携わっているのは大手不動産会社OCIC(Overseas Cambodia Investment Corporation)という。

同社Pung Kheav Se会長は空港の基礎部分の建設と環境に与える影響の評価、建設の影響を受ける近隣住民との交渉を現在行っていると話した。

不動産会社OCICとはオリンピアシティやダイヤモンド・アイランドなど有名で大型のプロジェクトを手がけています。

空港建設には懸念点も

新空港の建設には、係争中の土地の問題などいくつか解決しなければならない課題も残っており、

完成については予定より2~3年遅れる可能性も視野に入れていると話す関係者もいるという。

 

しかし同プロジェクトは、カンボジア経済の活性化をもたらすものとして

期待のまなざしが向けられている。

空港が完成すれば、カンボジアの不動産部門や建設部門は

多くの投資家を惹きつけることになる。

空港の近隣エリアは、プロジェクトが決まった時点から投資家の注目を集めておりこれからの地下の上昇に注目だ。
引用:https://poste-kh.com/dailyinfo/2019-12-06-3568

現地の詳しい情報や物件についてお話します。
関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP