NECESSARY INFORMATION

タイ:土地家屋税が年明けに遂に始まる

2020年1月1日から「土地家屋税(Land and Building Tax)」の徴収が開始

日本でいう固定資産税がタイで開始されました。

土地家屋税は毎年1月1日時点で国政に関わらず、

該当する土地または建物を所有する個人・法人に対して課税されます。

 

農業用・居住用・商業用・未使用の4つに分類し、

それぞれの評価額に応じて、用途ごとの異なる税率を課税する。個人所有の場合には一定額の免税枠もあります。


引用:https://www.foreland-realty.com/?p=1210572

賃貸目的の住宅は2軒目以降の区分が違います。

期日は4月末までに納付

1月1日時点で納税義務を負い、

4月末日までに納税しなければならず、遅れた場合は延滞金も発生するそうです。

日本の固定資産税に比べれば税率はかなり低い

今回の新法は日本の固定資産税に相当するものですが、

その税率は日本と比べると非常に低くなっています。

ただ、タイでの不動産購入デメリットとなるので、

これからこの新法が影響するのか注目です。

 

現地の詳しい情報や物件についてお話します。
関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP