NECESSARY INFORMATION

マレーシア:800万円以下の物件を100万戸建設!?

今後10年以内に100万件建設

マレーシア野党連合Pakatan Harapanが公約として掲げており、

所得層下位40%に相当する世帯に向けた物件を建設する計画。

 

マレーシアの住宅・地方政府省長官によると、

現在までに39,864件のユニットが完成しており10万件以上が建設中だそう。

非常に規模の大きい計画ですがマレーシアは他の計画も進められており

さらに5000件近いユニットが今年中に完成予定となっている。

また、住宅の購入を促進するためにRTO(rent to own)など用意されているそう。

RTOとは家賃を支払うが果てはその物件のオーナーとなる前提で行う賃貸です。

ローンを受けられない方などの住宅購入のサポートとして有用です。

現在、RTOはセランゴール州2件、クランタン州2件、クアラルンプール1件、ヌグリ・スンビラン州1件、ペナン州1件の計7件となっている。

規模が大きい話で中々想像しにくいですが、

不動産市場を動かすプロジェクトなので注目していきたいですね。

参考:https://www.freemalaysiatoday.com/category/nation/2020/01/02/1-mil-affordable-houses-in-10-years-achievable-says-zuraida/

関西で海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

 

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP