NECESSARY INFORMATION

シノケングループがインドネシアで新物件の工事開始!?

【桜テラス】第2号物件の建築工事に着手

株式会社シノケングループは、インドネシアで不動産開発事業を展開する同社傘下のPT. Shinoken Development Indonesia(以下、「SKDI」)が、アパートメント「桜テラス」第2号物件の建築工事に着手したと発表した。

「桜テラス」とは

同社が日本国内で開発・施工・販売・管理までを一貫体制で行なっているアパートメント「ハーモニーテラス」を、インドネシア向けにローカライズしたブランド。2019年に竣工した第1号物件は、サービスアパートメントとして高入居率で稼働している。

第2号物件は、建設中のLRT(モノレール)の新駅から徒歩約10分に位置。土地面積512平方メートル、鉄筋コンクリート造地下1階地上4階建て。ワンルーム60戸、17区画の駐車場を設ける。竣工は21年秋頃の予定。

すでに「桜テラス」の用地仕入れは第6号物件分まで完了しており、REIT組み入れ物件として、第3・4号の着工準備も進めている。

参考:https://www.atpress.ne.jp/news/219807

神戸海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP