NECESSARY INFORMATION

長谷工がカリフォルニアで住宅開発!!

19日に(株)長谷工コーポレーションが発表

株式会社長谷工コーポレーションは米国100%子会社Haseko America,Inc.が、米国カリフォルニア洲ロサンゼルス郡における賃貸住宅開発事業「Duarte Station Apartments II PJ」(292戸)に参画すると発表した。

同社が2019年12月より、三井物産(株)の米国100%子会社MBK Real Estate LLCの賃貸住宅開発子会社MBK Rental Living LLCと共同で推進している「Duarte Station Apartment PJ」(344戸、23年竣工予定)の第2期として開発する。

20年8月4日、共同事業協定書を締結し、開発用のSPCであるDuarte Multifamily II LLCに出資した。長谷工コーポレーションにとって、米国本土では3件目の開発となる。

開発地は、ロサンゼルス中心部まで車で30分の立地。ロサンゼルス近郊の主要都市と住宅地を結ぶGold Lineが通る「Duarte/City of Hope」駅に隣接。著名な最先端ガン治療の病院兼研究施設があり、施設拡張計画などにより雇用の拡大が見込まれる。一方で、賃貸住宅の供給の不足が予測されており、安定した賃貸需要が期待される。

建物は、木造5階建て。貸床面積は2万3,178平方メートル。着工は22年、竣工は24年を見込む。

【物件概要】

プロジェクト名:Duarte Station Apartments Ⅱ
所在地:カリフォルニア州ロサンゼルス郡デュアルテ市
敷地面積:約3.41エーカー(13,800㎡)
構造規模:住宅/木造5階建て、駐車場/RC造8階建て
総戸数:292戸
賃床面積:23,178㎡
着工予定:2022年
竣工予定:2024年

参考:https://www.haseko.co.jp/hc/information/press/20200819_1.html

 
神戸海外不動産はレッドビーンズ社へ!!

 

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP