NECESSARY INFORMATION

インドネシアで最大で約2,500戸、約10,000人規模の街が完成予定

パナソニック ホームズ株式会社がインドネシアの戸建事業「SAVASA」の完成住戸引渡開始

パナソニック ホームズ株式会社と双日グループが設立した共同事業会社、「PT. PanaHome Deltamas Indonesia社」は、2018年よりインドネシア・ブカシ県のデルタマス・シティで開発を進める職住近接のスマートタウン『SAVASA』の完成住戸の引渡しを2020年7月6日より開始しました。

同事業は、
(1)スマートタウンシップ
(2)スマートセキュリティ
(3)スマートホーム
(4)スマートコミュニティ
の4つのコンセプトに基づいて開発。

独自の「WPC構法」を採用し、インドネシアの耐震基準をクリアする強い構造を実現。
パナソニック製の換気システムも採用し、健康的な室内環境を保ちます。

今回、第1期分(全750戸)のうち、第1フェーズ(全183戸)で完成した約20戸を対象に引渡しを行い、2020年度末までに計65戸を予定しています。

開発が進む「SAVASA」

参考:https://homes.panasonic.com/company/news/release/2020/0721.html

関西在住で海外不動産をお求めはレッドビーンズ社へ!!

 

関連記事一覧

これを見ないと始まらない!!海外不動産投資を徹底解説

サルでも分かる!今注目のカンボジアに投資が集まる理由を解説

海外不動産を購入する際の資金調達で1番良い方法は銀行ではない!?

海外不動産購入時、トラブルに巻き込まれない為の4つの秘訣

ベトナムで不動産購入するなら必ず見るべき5分で不動産事情がわかる記事

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

カンボジアの通貨は米ドル!?定期預金は驚きの数字

最近の記事

  1. タイ複合開発
  2. The Park Ward Village(ザ・パーク・ワードビレッジ)
PAGE TOP